不妊は治せない

晩婚(共に38歳)であり、お互い今後のことを考えてすぐにでも子供が欲しかったので、躊躇することなく不妊治療専門の病院に行きました。まずは不妊について知りたいこともあったので、無料で不妊講習をしている東京池袋にあるMクリニックに通院。そこで初めていかに妊娠が難しいか、不妊治療が大変か、妊娠が困難なのかを知って愕然とする。

先生の「思っている程不妊治療の確率は良くない。不妊を治すことは出来ない。あくまで治療は補助。年齢の壁は越えられない。」という言葉が印象的でした。

講習を受ける前は、医学の力で卵子を若返らせたり、着床率を上げることが出来ると思っていましたが、この分野は医学がまだまだ遅れていると思いました。

まずは専門医で不妊検査

初めに妻が数ヶ月間、仕事の合間を縫って、不妊検査に通院。しかしまずこれが大変。排卵期や月経期、性周期などに合わせて通院しなくてはいけなく、体のことなので周期は一定ではないし、先の予定が立てられないのが辛いです。

また不妊治療の病院は例外なくと言っても過言ではなく、どこも混んでいます。一応予約制になっているところが多いのですが、受付の予約は時間通りでも実際に検査や診察、治療、会計のたびに待たされて、通院が1日作業になります。

例えば、「フーナーテスト」という大事な検査があります。これは排卵期に、子宮の粘液に精子がちゃんと登るかどうか調べる検査です。これは性行為後4時間以内に病院に検査しなくてはいけません。
仮に仕事を半休で午前中通院するとして、そのためには朝8時くらいに検査予約をしないと午前中には終わりません。ということは朝4時から通院の時間を考えて7時くらいまでには性行為をしなくてはいけません。
パートナーの事情もあるし、中々骨の折れる作業です。

体外受精治療をやってみました

色々検査の結果、不妊の直接的な原因は分からないとのこと。急ぐのであれば体外受精するしかないということで、体外受精をすることにしました。
 
体外受精は、まず排卵期に排卵誘発剤を使って通常月に1個しか取れない卵子を複数取って、精子と受精させて受精卵を何個か作ります。
この排卵誘発剤も排卵日であろう日に合わせて前日くらいから、通院の24時間前、12時間前などに鼻スプレーや膣座薬をします。夜中の1時にしなくてはいけない時もあります。

そしていざ採卵日に朝8時に病院を予約したとします。なんだかんだで採卵出来たのが10時。そのタイミングに合わせて今度は精子を採取しなくては行けません。不妊治療の病院には大抵、採精室なるものがあります。読んで字の如く、その部屋で精子を出します。もちこみタイプをありますが若干精度が落ちます。

それから採取した卵子と結合させます。ここでも2通りのやり方があります。1つは卵子に精子を振りかけるやり方。もう1つは顕微受精と言って、精子1個と卵子の中に注射で入れて受精させます。顕微受精は、精子1個あれば受精させられますので、精子の数が少なく運動率や直進率が悪い場合でも受精出来ます。

ここまで来てやっと受精卵が出来ました。でもそのまますぐ子宮に移植するわけではありません。そこから数日受精卵が成長(細胞分裂)していくのを待ち(5〜6日後)、子宮に着床させます。

実際移植の日は、朝から妻は病院に行っても、なんだかんだで移植して帰宅は夜になります。

という風に体外受精一連を取ってみても、排卵期の測定、採卵、受精、受精卵の進捗状況確認、着床などその都度通院しなくては行けません。
その都度仕事半休や休み取れますか?

仕事しながらの不妊治療は困難です。

結局私の妻は、接客販売業ということもあり、シフトを前月には組まないといけなく、また店長ということもあり一度組んだシフトを突然直前に変更するということが出来ないため、体調や周期に合わせての治療、通院が不可能になり、結局治療に専念するため仕事を辞めざるを得なくなりました。

その後何度か体外受精を試みましたが上手くいかないため、噂で他の病院の方がいいと聞き、世田谷のS病院、横浜のKクリニック、そして有名な新宿のKクリニックと病院を変えました。

横浜のKクリニックなんかは、大変人気があり、朝から出かけても終電にギリギリ間に合って帰宅などということもありました。
ドクター達は、一体何時間働いているのか頭が下がる思いです。

それでも1周期で妊娠に至れば数ヶ月で済みます。しかし残念ながら何度も治療をしても妊娠に至らない方も多いです。

年齢の壁は、、、

また体外受精で着床させても、ここから先は医学ではどうすることも出来ないので、後は神のみぞ知る、運を天に任せるのみです。

というのも受精卵を子宮に着床させることは出来ても、着床率を根本的に上げる(子宮を若返らせる。着床して育つように子宮壁を厚くする。妊娠に必要なホルモンやサイトカインを分泌させる。卵子自体を若返らせる。など)治療法がないからです。多くの場合、不妊原因も分からないケースがほとんどなので。

これまで4年間で30回以上体外受精で着床させていますが、残念ながら全て着床後育たないで流れる。という結果です。

原因も分かりません。よって治療の方法もありません。今のところ年齢という壁は越えられないです。残念ながら。

不妊検査と治療は早めに!

体力的にも精神的にも金銭的にも、不妊治療は年齢と共に難しくなるので、高齢や不妊では?と思う方、あるいは早く子供が欲しい方は迷わず、まずは専門医で不妊検査をされることをおすすめします。そして不妊検査や治療は決して恥ずかしいことでもないですから、若いうちから始めた方が、負担少なく楽に安価で済む可能性が高いです。

そして当然女性だけではなく、不妊の原因の可能性は男性も半分ありますので、旦那さんと共にされることをおすすめします。

もし夫婦共働きで不妊治療をするとなると相当な覚悟と時間の確保が必要になります。特に女性は時間の都合が付けられないと非常に困難だと思います。

次回は自力で出来る不妊対策と男性編の不妊検査と治療をレポートします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

7歳の交通事故が突出はなぜ⁉その理由とは?

公益財団法人 交通事故総合分析センターによると、歩行中の交通事故の死傷者数で7歳児が圧倒的に多いことが調査の…

子供にいい影響を与える夫婦の行動4つを紹介!

子は親の背中を見て育つ。なんて言いますが、本当にそのとおりだと思います。 口癖もそうですし、行動一つについて…

あなたは出した?最近ひそかに流行っている「年賀状断ち」

「あけましておめでとうございます」 新年のご挨拶と相手の1年の幸せを祈って送る、年賀状、という風習。 しかし…

落ち着きがない学習障害と診断された我が子のその後について

僕の長男ですが、現在は高校受験を受ける準備をしておりますが、小学2年生から小学3年生のころ「学習障害」と診断…

子供は敏感に感じています。子供に愛情が伝わらなくなる行動3つ

「子は親の背中を見て育つ」とはよく言ったもので、親がびっくりするような所までよく見ていますよね。 僕も、たま…

関連するキーワード

lapurete

株式会社La pureté ラピュルテの代表取締役 柿谷圭之助と申します。大学にて医療、健康、美容について学び、これまで20年一貫して健康産業に従事しています。弊社は、サプリメント、化粧品、雑貨、食品の仕入卸販売と商品開発、講演活動を行っております。また医療、健康、食品、美容に関するライター、コピーライターもしております。仕事の依頼はHPからお願いします。

歴史と文学と旅行とサッカーが大好きです。オススメの旅行ご案内致します。(アジア中心)

Sponsor