薬剤耐性インフルエンザウイルスとは

薬剤耐性インフルエンザウイルスというのはどのようなものなのでしょうか?基本的に有効な薬剤の効果がない、または効果が出にくくなったウイルスを、薬剤耐性インフルエンザウイルスと言います。

インフルエンザウイルスが増える過程において、この薬剤耐性インフルエンザウイルスは、変異が特定の遺伝子に起きることで生じるとされています。
薬剤耐性インフルエンザウイルスは、基本的に効果がある治療薬に対して効果が低くなります。

しかし、薬剤耐性インフルエンザウイルスということで、病気がひどくなるようなことはなく、薬剤耐性インフルエンザウイルスが普通のインフルエンザウイルスに比べて病状が悪くなるというというケースは現在のところありません。

日本での薬剤耐性インフルエンザウイルスの発生状況

日本において、薬剤耐性インフルエンザウイルスはどのような発生状況になっているのでしょうか?日本においては、国立感染症研究所および地方衛生研究所が協力して、薬剤耐性インフルエンザウイルスの調査を行っています。

これは世界保健機関が実施しているインフルエンザ調査の一環でもあります。薬剤耐性インフルエンザウイルスについての2009年時点の中間報告によれば、日本においても諸外国と同じように、薬剤耐性インフルエンザウイルスが確認されています。

また、これからウイルスはどの型のものが流行のメインになるかは、調査を引き続き行って、発生状況を見守るようになっています。なお、昨年のシーズンにおいては、A/H1亜型とA/H3亜型、B型が確認されましたが、A/H3亜型、B型については、薬剤耐性インフルエンザウイルスは確認されませんでした。

抗インフルエンザウイルス薬の効果が期待できない

薬剤耐性インフルエンザウイルスというのは、ウイルスで本来効果があるはずの抗インフルエンザウイルス薬の効果が期待できない、あるいは効果が期待できにくくなったもののことを言います。

この薬剤耐性インフルエンザウイルスは、インフルエンザウイルスが増える過程において、異変が特定の遺伝子において起こることによって生じると想定されています。
薬剤耐性インフルエンザウイルスは、今のところ別のインフルエンザウイルスと比べて感染性や病原性が強いものは確認されていません。

また、インフルエンザワクチンが薬剤耐性インフルエンザウイルスに対して効果が期待できにくくなる場合もありません。なお、日本においては、世界保健機関と協力して、国立感染症研究所において薬剤耐性インフルエンザウイルスの調査を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

抗インフルエンザウイルス薬に耐性化したウイルスの国内流行状況は?

国内におけるウイルスの抗インフルエンザウイルス薬に耐性化したものの流行の状況は、どのようになっているのでしょ…

RSウィルス感染症について

RSウイルスは強い咳や喘鳴(ぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音)をともなう風邪の原因ウイルスです。乳幼児の一…

デング熱の国内感染事例の発生状況について

デング熱というのは、急性の熱性の感染症で、デングウイルスが感染することによって起きるものです

発熱について知っておこう!その4

熱性けいれんは6ヶ月〜6歳ごろのお子さんにみられる症状です。 熱性けいれんは細菌やウイルスが原因のものではな…

インフルエンザ一問一答

インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。インフルエンザか…

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor