修学旅行まであと2日

修学旅行まであと2日という月曜日。

仕事中に一緒に住んでいる母親から私の携帯に1本のメールが...「○○が学校で熱を出して早退してきました。」

私はメールを見て、思わず「マジか!」と声が漏れてしまいました。すぐに家に連絡をいれたところ37.6℃と高熱ではありませんが、修学旅行にいけなくなる子供の気持ちを考え、すぐに仕事を早退して知り合いの病院へ子供を連れて行きました。

薬を修学旅行に行っても飲めるようにと多めにもらい、帰宅。その時点で熱は36.9℃と下がっていたので、すぐに薬を飲ませ、ベットに横になるように言いました...が「お腹すいた、お腹すいた」と熱を心配する私をよそに食べ物を要求するわが娘。夕飯をペロッとたいらげあっという間に就寝。寝ているときにカラダを触ると、少し熱く感じましたが、まぁ、あれだけ食欲があれば大丈夫だろうと、私も眠りにつきました。

修学旅行前日

修学旅行前日は学校へ修学旅行の荷物を持ち込む日でした。荷物だけ先に宿泊先のホテルへ直行です。

熱も朝の時点では36.7℃と平熱よりも少し高いくらいだったので学校へ。この日は学校へ行って2時間くらい修学旅行についての話を聞いて帰ってくる予定だったので、まぁ大丈夫でしょうと思っていたら、うちの子は何を考えたか、部活の朝練に行くと言い出しました。
「病み上がりなんだから部活なんかしたらまた熱が上がるよ。」と注意する私に対して、「大会まで1か月切ってるんだから部活休んだら、大会に出れなくなっちゃう!」とまたまた心配する私の意見など聞かず、部活へ。まったくウチの娘2人はほんと頑固!いいだしたら人の意見なんか聞かないタイプ。誰に似たんだか...。

送り出した私は「心配する親の気持ちも考えないで...。」と「まぁ、確かに大会に出れないのはツライよなぁ..まぁ2時間で帰ってくるから、ゆっくり休ませれば何とかなるか」と自分に言い聞かせていました。

そして、11時過ぎ...学校から戻ってくると、「友達と修学旅行にもっていくお菓子買ってくる!」といって休む間もなく外出。
1時間後帰宅。ちょっと同じクラスの子の家に用があるから行ってくる。
1時間後帰宅。「お昼ご飯は?」と聞くと食欲がないからいらないの返事。
あれ?っと思ってカラダを触ってみたら、んっ!熱い...熱があるかも...。体温計を...と思いきや、修学旅行の荷物にいれてしまっていて、体温計はすでに旅路に...。この日は外も気温が高かったので、余計に熱も上がってしまったようです。でも、母の感覚だと37.3℃くらいかなぁ..。

とりあえず、食欲のないこの子に何か食べさせ薬をとワタワタして、寝かしつけました。やはり体力も消耗していたようで、すぐに就寝。夕方目を覚ました時には無事熱も引いたらしく、カラダの火照りはなくなっていました。あ~ぁよかった。

修学旅行当日

いよいよ修学旅行当日。
朝6:30に駅に集合ということで10分前に駅の近くまで無事に子供を送り届けました。

私もこの2日間きちんと仕事ができなかったので、いつもより1本早い電車で仕事に向かおうと準備をはじめました。
この日の天気は曇り。小雨がパラつくかもという予報だったので、折り畳み傘をバックにいれようとしましたが、いつも使っている折り畳み傘を修学旅行用に子供に貸してしまい、他の折り畳み傘を探していました。
そこに私の目に飛び込んだのが、なんとキャリーケースの鍵!
顔面蒼白・頭の中は走馬灯のように鍵→キャリーケース→ここにある→開かない→修学旅行先で涙ぐむ娘...が巡り、すぐに鍵を手に持ち車までダッシュしました。
震えるカラダを抑え、知っている先生の携帯電話に連絡...電源が入っていない(涙)そして学校へ連絡し事情を説明し、新幹線の出発時間を確認したところ、「7:21出発ですよ」とのことでした。その時点でまだ6:40だったのでほっと胸をなでおろし、駅に向かいました。

冷静になれば、家に修学旅行の予定表があったので、それで新幹線の出発時間を見て確認し、私が徒歩で駅に行き、鍵を子供に渡して私もそのまま電車に乗って仕事へGO!という動きでも全然間に合いましたが、その時はそんな余裕もなく(笑)駅に向かう車の中で、アクセルを踏む足がまだガクガクと震えていました。駅に着き、子供を発見し鍵を渡すと、わが子ニコニコしながら「やだぁ~、ごめ~ん」と集団の列に戻っていきました。
まったくどこまで手のかかる子なんだと、呆れるながら送り出しました。

そして、夜...20時すぐに知らない携帯電話の番号から着信。出てみると修学旅行先の子供からの電話。何かと思い「どうしたの?誰の電話?」と聞くと「旅行会社の人の電話。あのさぁ~、薬ってどれを何錠のめばいいの?」とのこと。あやつめ~、わざわざ薬のシートに2錠飲むものには×2と書いておいたのに...と思いながら説明。「あ~ぁそうなんだ。2錠以外のは?」と聞き返してきたのでびっくり!「今朝も飲んだよね?お昼用の薬も朝その分だけ渡したんだからわかるよね?」と頭の中で問いかけながらも電話口で説明し終話。

頭の中がぐるぐるになり、この日を終えました。ほんと、1日振り回された。

いよいよ修学旅行最終日

そして、今日そんな娘が修学旅行から帰ってきます。
修学旅行初日に薬の件で電話があったとき、担任の先生と少し話をし、子供の体調を確認しましたが、咳が出るくらいでがんばっていろいろ回っていましたよと報告を受けました。
私も学校のホームページにアップされる修学旅行の様子を写した画像をチェックしては、うちの子が写っていない...体調を崩してどこかで休んでいるのかも...と心配をしていましたが、最終日の朝食の様子を写した画像の中に我が子発見!安心しました。
きっとぐったりして帰ってくるであろう娘を夕方迎えに行って、修学旅行が終了します。
無事に帰ってくることを願いながら、待っています。

最後に...

そーいえば、私も高校の修学旅行で寝坊して先生に怒られたなぁ...。
初日にホテルの廊下で反省のためと、正座を2時間くらい(もっと短かったかも)させられて足がしびれすぎて廊下で悶絶していたことを思い出しました。
今となっては、いい思い出です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

うちの子に何が?ADHD発達障害について

前回は、発達障害の中の代表的なもの、自閉症スペクトラムについて書きましたが、今回はADHDについてお話ししま…

子育てにおいてこれだけは絶対に言ってはいけない2つの言葉

毎日子供と向き合っていると、イライラすることやムカつくこともたくさんありますよね。 それは当然です。 に…

頭をぶつけてしまった!という時の対処法

頭の怪我の場合は一見元気そうに見えても頭の内部で出血が起こっていると生命の危機に陥る場合もあり注意が必要です…

初めての自転車① 〜お子さんの自転車選び編〜

お子さんが2歳頃になると、多くのご家庭で次に検討され始めるのが「自転車の購入」について。 第一回目の今回は、…

ママの子育てお悩み相談

赤ちゃんの頃は、「ママが一番!」だった子供たちも、お友達関係や幼稚園・保育園の先生とのつながりの中で、様々な…

関連するキーワード

piyoママ

高校生と中学生の子供を持つシングルママです♡
反抗期の子供2人と仕事に家事にと奮闘中!

Sponsor