自宅でしばらく様子を見た後で受診する

発症してから数時間が経った時点では、症状によってインフルエンザかどうか見極めるのは困難であると言われています。
また、発症した後、インフルエンザの検査の場合も12時間~24時間以上経たなければ偽陰性になることがあります。

そのため、どのような症状が出ればインフルエンザかというのは困難であり、どのくらい38度以上の熱が続くのかということと、家庭や学校でインフルエンザに感染した人がいるかということで判断するのがいいでしょう。

発症してからあまりに時間が短い場合は、受診した場合でも、症状が続けばまた診察してくださいと、一度様子を観るようになってしまう場合が多いため、自宅でしばらく様子を見た後で受診してもほとんど問題ないでしょう。
しかし、抗インフルエンザ薬の効果が48時間以上発症してから経ってしまえば下がるそうなので、48時間以内に症状が続く場合には受診しましょう。

熱が出てから1日経った時点

インフルエンザの検査をする場合、ベストなタイミングはいつなのでしょうか?インフルエンザの検査は、熱が出た場合にはすぐの方がいいのではないかと考えている人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、熱が出た後に検査をすぐにした場合には、正しい結果が出ない恐れがあります。インフルエンザの検査の場合には、ウイルスの量がある程度多くならなければできません。そのため、熱が出たすぐ後の検査の場合には、陰性になってしまう場合が多くあります。熱が出てから1日経った時点が、インフルエンザ検査のベストのタイミングでしょう。

では、このインフルエンザの検査は自宅ではできないのでしょうか?
実は、市販の検査キットを利用すれば、インフルエンザの検査が自宅でもできます。市販の検査キットは、ネットなども紹介されているため確認してみましょう。

12時間~24時間以上経ってからがいい

インフルエンザの検査をする場合にはベストなタイミングがあります。
インフルエンザになった初期の段階で検査をするとウイルスが多くなく、陰性の反応が出る場合もあります。そのため、インフルエンザの検査のタイミングに関して把握しておきましょう。

検査のタイミングは、インフルエンザの症状が出てから12時間~24時間以上経ってからがいいでしょう。しかし、抗インフルエンザ薬の効果は48時間以内です。そのため、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に検査をする必要があります。

早すぎても遅すぎても、インフルエンザの検査のタイミングを逃してしまうようになります。そのため、インフルエンザになったかどうか検査したい場合にはタイミングについて十分に注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

インフルエンザと普通の風邪はどう違うの?

国内において現在流行しているのは、どのような種類のインフルエンザなのでしょうか? インフルエンザの要因のウイ…

新型インフルエンザの対策方法

毎年流行するインフルエンザと、新しく起きた新型インフルエンザが、インフルエンザとしてはあります。 新型インフ…

あなたは大丈夫?乳がんのリスクを高める悪習慣

日本では女性の12人に1人が乳がんを発症しています。最近では小林麻央さんがブログで日々、自身の闘病生活を公開…

岡本真夜さんが患った病気「チョコレートのう腫」はどんな病気 

シンガーソングライターの岡本真夜が17日放送のフジテレビ「ノンストップ!」で婦人科疾患の一つである「チョコレ…

ノロウイルスによる胃腸炎とは?

感染性胃腸炎というのは、主として微生物のウイルスなどが原因である胃腸炎を総称したもので、代表的な冬場に流行す…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor