自宅でしばらく様子を見た後で受診する

発症してから数時間が経った時点では、症状によってインフルエンザかどうか見極めるのは困難であると言われています。
また、発症した後、インフルエンザの検査の場合も12時間~24時間以上経たなければ偽陰性になることがあります。

そのため、どのような症状が出ればインフルエンザかというのは困難であり、どのくらい38度以上の熱が続くのかということと、家庭や学校でインフルエンザに感染した人がいるかということで判断するのがいいでしょう。

発症してからあまりに時間が短い場合は、受診した場合でも、症状が続けばまた診察してくださいと、一度様子を観るようになってしまう場合が多いため、自宅でしばらく様子を見た後で受診してもほとんど問題ないでしょう。
しかし、抗インフルエンザ薬の効果が48時間以上発症してから経ってしまえば下がるそうなので、48時間以内に症状が続く場合には受診しましょう。

熱が出てから1日経った時点

インフルエンザの検査をする場合、ベストなタイミングはいつなのでしょうか?インフルエンザの検査は、熱が出た場合にはすぐの方がいいのではないかと考えている人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、熱が出た後に検査をすぐにした場合には、正しい結果が出ない恐れがあります。インフルエンザの検査の場合には、ウイルスの量がある程度多くならなければできません。そのため、熱が出たすぐ後の検査の場合には、陰性になってしまう場合が多くあります。熱が出てから1日経った時点が、インフルエンザ検査のベストのタイミングでしょう。

では、このインフルエンザの検査は自宅ではできないのでしょうか?
実は、市販の検査キットを利用すれば、インフルエンザの検査が自宅でもできます。市販の検査キットは、ネットなども紹介されているため確認してみましょう。

12時間~24時間以上経ってからがいい

インフルエンザの検査をする場合にはベストなタイミングがあります。
インフルエンザになった初期の段階で検査をするとウイルスが多くなく、陰性の反応が出る場合もあります。そのため、インフルエンザの検査のタイミングに関して把握しておきましょう。

検査のタイミングは、インフルエンザの症状が出てから12時間~24時間以上経ってからがいいでしょう。しかし、抗インフルエンザ薬の効果は48時間以内です。そのため、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に検査をする必要があります。

早すぎても遅すぎても、インフルエンザの検査のタイミングを逃してしまうようになります。そのため、インフルエンザになったかどうか検査したい場合にはタイミングについて十分に注意しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

40度以上の高熱が出たときのオススメ対処法

急に子供が40度の熱を出せばびっくりするでしょう。ここでは、子供の高熱が続いた場合の対処法についてご紹介しま…

5歳以下に起こりやすい「小児肘内障」 ヒジが抜ける原因と対処方法とは?

子どもは成長するにつれて、その行動の予測がしづらくなります。時にはヒヤッとする場面に出くわすこともありますよ…

RSウィルス感染症について

RSウイルスは強い咳や喘鳴(ぜいぜい、ひゅうひゅうという呼吸音)をともなう風邪の原因ウイルスです。乳幼児の一…

発熱についてしっておこう!その5

ヘルペス口内炎は2歳以降の幼児に多くみられます。 親の体の中に潜んでいた単純ヘルペスウイルスが子供に移行して…

デング熱の国内感染事例の発生状況について

デング熱というのは、急性の熱性の感染症で、デングウイルスが感染することによって起きるものです

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor