最近太ってきた

肥満はいびきの最大原因です。体重が増えると首回りも太くなりますので、鼻やのどなどの呼吸の通り道である“上気道”にも脂肪が沈着し、空気の通りが悪くなります。

この上気道が脂肪により狭くなると、呼吸の際に上気道の中の粘膜、とくに軟口蓋や口蓋垂や舌根などが振動し、その振動音がいびきとなって出てくるのです。

最近太ってきたかなぁ..。と感じる方は、標準体重を目指してダイエットをしてみましょう。

50歳以上の方

呼吸の通り道である上気道が狭くなることがいびきの大きな原因であることを記しましたが、加齢にともなって、鼻やのどなどの呼吸の通り道である“上気道”を支える筋肉の緊張が緩んでしまうことがあります。このことが原因で50歳以上になると、いびきをかく人口が増加します。

鼻詰まりの人

鼻がつまっていると当然口呼吸になりますが、口呼吸は鼻呼吸に比べて空気を吸うとき上気道にかかる陰圧が強くなり、上気道が閉塞しやすくなってしまうのです。
この上気道の閉塞は、やはりいびきをかく原因となってしまいます。

閉経した女性

女性は、女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)の存在がいびきを防ぐのに役立っています。いびきをかくのが男性に多いのは、その理由なのです。

しかし女性ホルモンの分泌が低下してくる閉経後は、女性にもいびきをかく人が増えてきます。

また、閉経後に体重が増加する傾向もありますので、上述したように“閉経+肥満”がいびきに繋がります。

甲状腺機能低下症の人

甲状腺機能低下症の人は、甲状腺ホルモン低下のために上気道および舌がむくみっぽくなり、物理的に上気道が狭くなる傾向があります。

このケースは、まず病気の治療が必要です。

仰向きで寝る習慣がある人

仰向けに寝ると、重力の関係で舌の位置が背中側に落ち込みますので、上気道を狭めてしまいます。横向きでも重力の影響は受けますが、側面には舌のように上気道を狭くする大きいものがないため、影響が少なくてすみます。

寝付くときには横向きでも、その後仰向けになって寝てしまうと結局上気道を狭くすることになってしまいますので、横向きに寝た状態で背中側に細長く丸めた布団などを置いて、仰向けにならない状態を作るといいでしょう。

高い枕を使用している人

高い枕を頭の下に入れると自然とあごを引いた姿勢になり、下あごと脊椎の距離が近づいて圧迫されることになります。この形が、上気道をふさがりやすくしてしまっているのです。

同じく、下あごと脊椎の距離が近づいてしまう寝かたとしては、「口を開けて寝る」「両手を挙げて万歳の恰好で寝ること」という格好があります。

どうしても高い枕がやめられない方は、その枕で横向きに寝るといいようです。

睡眠薬を飲んでいる人

アルコール同様、睡眠薬の成分が神経に作用して上気道が広がりにくい状況を作ります。

睡眠薬に限らず、薬の服用によっていびきが増す場合がありますので、処方した医師と相談することをおすすめします。

喫煙習慣がある人

いびきと喫煙に関して正確な因果関係はわかっていませんが、いびきをかく人に喫煙者が多いのは事実のようです。また、喫煙者にはいびきの重症患者が多い傾向もあります。

禁煙することが必ずしもいびき改善に繋がるという保証はありませんが、喫煙習慣があればいびきの原因となっている可能性は大いにありえるようです。

いびきをかくことは、予防できる部分もありそうですね。
病気や加齢が原因ではないようであれば、できれば予防していきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

夏バテ☆解消!まだまだ暑い夏を乗り越えるには、「食」や「睡眠」「水分補給」を意識して…

夏バテ対策!みなさん工夫をこなしておられると思いますが、「食」と「睡眠」「水分補給」はなるべく意識しこの暑い…

つらい咳に効く!ニンジンとはちみつで咳を和らげよう

最近、マスクをしている人をよく見かけます。風邪も流行り始めているようですね。風邪といえば、つらい症状の一つに…

知っておきたい「首こり病」。もんだり、たたいたりはNGなの?

仕事柄、どうしても長時間同じ態勢だったり、パソコンの画面とにらめっこすることが多いので、肩こりや腰痛には気を…

2016年4月。いよいよ始まる電力自由化 みなさんのご家庭は?

これまでは地域で決められていた電力会社としか契約できなかった電気。 2016年の4月の「電力自由化」以降は…

☆葛根☆の効果☆頭痛・発熱・下痢などに効果を発揮☆

葛根☆は風疹・頭痛・発熱に効果があり、風邪からくる疲れた時の ☆筋肉のコリにも効果があります。

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子