この度、電報サービスのご紹介に合わせて「冠婚葬祭に関する意識調査」を実施しましたので、その結果をご報告いたします。今回の調査では、「結婚式を行いたいと思っているか」などの調査結果のほか、冠婚葬祭には欠かせない電報に着目し、センスのあるサプライズ電報を送ってくれそうなタレントランキング(1位:タモリ)が明らかになりました。

今回の調査により、「冠婚葬祭」離れともいえる調査結果が明らかになった一方で、「冠婚葬祭」のマナーを理解していない人について、どう感じるかのという質問に対しては、「仕事ができなそう」「モテないと思う」と感じる人が、7割以上もいることが分かりました。
冠婚葬祭への意識の希薄化が見て取れている中、異例の再生回数を記録している動画が「でんぽう姫とおとぎ話」。はいだしょうこさんが描き出したコミカルなキャラクターたちが電報を通じて面白おかしく冠婚葬祭について説明してくれる動画となっており、SNSで大変話題になっています。

「冠婚葬祭に関する意識調査」結果

【調査概要】
調査期間:2017年2月1日(水)~2017年2月3日(金)
対象者:20代~40代の男女250名ずつ
調査協力会社:株式会社ネオマーケティング

意外に多い!「冠婚葬祭」の言葉の意味を知らない人

「冠婚葬祭」の言葉の意味を知っているかという調査に対し、意外にも19%もの人が言葉自体を知らないもしくは、意味を知らないと回答しました。日本の常識とも言える「冠婚葬祭」のはずですが、調査の結果から、深刻な「冠婚葬祭ばなれ」が進んでしまっていることが見て取れる結果となりました。

過半数の人が結婚式を挙げたくないと考えている

人間のライフステージにおいて、最も大きなイベントの一つとされてきたのが「結婚」。その門出を祝う結婚式は、昔から盛大に祝うものとされてきていました。しかし、現代では「結婚式ばなれ」が進んでいると言われていますが、実際のところはどうなのしょうか。意向を聞いてみると、実に50.2%もの人が、結婚式を行いたくないと回答しました。準備等が大変であるため、なんとなく気が進まないという気持ちはあるかもしれませんが、「絶対に行いたくない」という人が、12.4%もいたのには驚きです。

4割り近くの人が友人の結婚式に参加したくない

門出を祝う場であると同時に、明るく送り出す場であるはずの結婚式。また、久々に友人と再開するきっかけともなるため、親しい友人の結婚式には参列するのが常識、とされてきていました。ところが今回調査を行ってみると、4割近くの人が友人の結婚式に、「どちらかというとしぶしぶ参加する」「しぶしぶ参加する」「参加しない」と回答しました。特に「参加しない」と回答した人が、9.4%もいたというのは、前述の「結婚式は行いたいか」というアンケート結果同様、冠婚葬祭ばなれが進んでいるといえる結果かもしれません。

会社関係、恩師、叔父叔母などの血縁者のお葬式には参列しなくてよいと、考えている人が多数

今度はお葬式に関する調査です。20代~40代の人たちは、どの方のお葬式に参列しなければならないと考えているのでしょうか。父・母、兄弟姉妹に関してはきちんと参加しなくてはならないと考えている人が多い一方で、恩師や会社関係、友人といった血のつながりのない人、叔父叔母などの血縁者でも比較的、縁の薄い人のお葬式に関しては参列する意識が低いという結果になりました。

「冠婚葬祭」マナーを知らなければ、仕事ができないと思われてしまう上に、モテない

「あなたは、冠婚葬祭のマナーを理解していない若者対して、どう感じますか。」「あなたは冠婚葬祭のマナーを理解していない異性に対してどう感じますか。」という質問に対して、7割以上の人が、「仕事ができなそう」「モテなそう」と回答しました。冠婚葬祭に関して自分自身も理解していない人が割といたにも関わらず、自分以外の人が、マナーに関して理解していないことに関しては、冷ややかに捉えている人が多いという結果が出ました。

3割近くの人が冠婚葬祭で失敗した経験あり!

儀礼ゆえに様々な決まり事が多く、外してはならないポイントの多い「冠婚葬祭」。ところが、事前の準備が甘く、失敗した経験のある人が3割近くいるようです。失敗の内容は様々ですが、「用意しなければならないものを把握していなかった」「服装を間違えてしまった」が1位と2位でした。当たり前のことではありますが、結婚式のご祝儀や服装など、予め準備できるものは早くから準備をして確認するべきということが、こちらの調査から再認識することができます。

結婚式の祝電などに重宝!実は手軽でサプライズ感を演出できる電報

普段電報を送ったり、受け取ったりする機会は、それほどないかもしれません。だからこそ、サプライズ感が演出できるものだと考える人は多いようです。そんな中、電報を使ったことがある人に調査を行ったところ、電報の魅力の第1位が「実は手軽に送ることができる」という結果になりました。サプライズ感が演出できる上に、手軽に送ることができるので、電報を使ってみてはいかがでしょうか?

センスのある電報を送ってくれそうな有名人第1位はタモリ

以前テレビ番組で、よく電報を扱っていたイメージがあるからでしょうか。タモリさんが断トツ1位という結果になりました。2位はテレビでセンスのある発言をするマツコ・デラックスさん、3位サプライズのイメージが強いDAIGOさん。
みなさんは誰から電報をもらいたいですか?

斬新過ぎる冠婚葬祭紹介動画「でんぽう姫」に関して

電報の便利さや様々な活用シーン、そして冠婚葬祭の大切さを伝えるべく公開されたスペシャルムービーが「でんぽう姫とおとぎ話」です。動画の歌・作画・声優を、はいだしょうこさんが担当。「桃太郎」「3匹の子ブタ」「白雪姫」といった誰もが知っているおとぎ話を、誰も見たことがないタッチで描き出しています。ストーリーも何かとツッコミどころのある仕上がりになっていますが、ぐいぐいと引き込まれ、見終わった頃には電報の活用シーンや便利さが分かる内容になっています。

NTT西日本 インターネット電報 D-MAILについて

急に桃から赤ちゃんが生まれた時、息子がサッと藁の家を建てた時。動画のようなシチュエーションはなかなかないかもしれませんが、出産、新築祝い、お悔やみ、結婚など様々なシーンで、心のこもったメッセージと素敵な贈り物を大切な方へ届けられるサービスが電報です。
WEBから簡単に申込むことができます。

特徴

■24時間いつでもお申込みOK!
■夜7時までのお申込み完了で当日お届け!
インターネットだから、いつでも思い立ったときにお申込みができます。
■たくさん文例があるからメッセージ作成も簡単!
電報のメッセージは自由に入力できますが、文章作成はちょっと苦手 … という方は、予め用意された文例集から
選ぶだけ。冠婚葬祭の様々なシチュエーション別に文例をご用意しています。
■台紙もイメージを見ながら選べます!
インターネットだから各台紙のイメージが一目でわかります。送られるお相手の趣味や、
あなたの気持ちに合わせてお選びいただけます。 また、メッセージのレイアウトイメージもご確認いただけます。
■電報作成サポート機能も充実!
・式場ガイダンス機能
お届け先の式場を式場名の一部や、電話番号から簡単に検索できます。
・発信履歴機能
発信した電報の履歴管理ができます。(ご利用には会員登録(無料)が必要です。)
その他、ビジネスD-MAILでは、メッセージ、差出人の事前登録機能や、一度作成した電報をメール等にて
回覧できる決裁(稟議)機能等、便利な機能が充実。

■お届け日の1か月前からお申込みOK!
お誕生日のお祝いや結婚式など、予め予定が決まっていれば、お届け日の1ヵ月前からお申込みができます。
※受付後、電報の発信を取り消す場合は発信取消料(1通ごとに300円(税抜))がかかります。

PCサイト

スマホサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

ハートアップ×文豪ストレイドッグス 春のコンタクトデビューキャンペーンがスタート!

劇場版&舞台化決定でますます注目の「文豪ストレイドッグス」とコンタクトレンズ専門店ハートアップがコラボした春…

こんなおばあちゃん、見たことない!?アクロバティックに後悔するおばあちゃん 一体何が…

どこにでもいる優しそうなおばあちゃん。しかし、電話を切った直後からおばあちゃに異変が。。。 「なんてこったな…

「きのこの山の日」とはひと味違う・・・ 『たけのこの里(さと)の日』を3(さ)月10…

2016年8月11日が「山の日」と祝日に制定され、そこに便乗し同じ8月11日を「きのこの山の日」記念日と制定…

素敵な笑顔が不自然な笑顔に…コンプレックスが表情を変える!?

誰にでもある自分へのコンプレックス。自分のコンプレックスは十分はわっかているに、いざ人に指摘されると...や…

ヴーヴ・クリコ特別カクテルでほろ酔い気分!?

6月2日六本木ヒルズで「ヴーヴ・クリコ リッチ サマーラウンジ イベント」スペシャルトークショーが行われまし…

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor