帰宅後のうがいは大事なもの

帰宅後のうがいは実に重要です。
人間はどこでも呼吸をしているものですから、どこかで害のあるウイルスを吸い込んでいるかもしれません。その日はどうということはありませんが、次の日になって体調を崩してしまうかもしれません。もちろん、そのようなことはあまりありませんが、もしかしてそれを人にうつしてしまうかもしれません。
そうならないように、帰宅後のうがいは行っておきたいものなのです。うがいは意味がないということも言われているようですが、しっかりと行うことによって優れた効果を発揮してくれます。
それにうがい薬を使うことでウイルス対策だけでなく、口臭予防にも効果が期待できます。病気の予防にもなって、更には口臭も予防できるとなったら、やっておいた方がいいでしょうし、毎日の習慣にしたいところですね。

正しいうがいの仕方について

正しいうがいの仕方とはどのようなものでしょう。

基本として、うがいは3回に分けて行うものとします。まず最初のうがいは口の中の汚れを取るためのものとして行います。水やうがい薬を口に含んだら、強めにうがいをしましょう。
2回目のうがいはのどの奥まで届くように、上を向いて行いましょう。大体目安の時間は15秒といったところです。この時、うがいをやりすぎてのどを詰まらせないように気を付けましょう。殺菌をしっかりすることも大事ですが、むせてしまわないようにすることも大事です。
3回目は、2回目と同じようにうがいを繰り返しましょう。

何回もやることになりますから、効果も感じられないから面倒になってきて途中でやめる、という人もいるでしょうが、むしろ何も無いのならばそれだけ効果が出ていると思って構わないでしょう。

うがいには本当に効果があるのか

うがいをちゃんとしているのにも関わらず病気になってしまう、という人も中にはいるかもしれません。そういうこともあって、うがいには効果があるのかが疑問視される部分もあるのですが、実際のところはどうなのでしょう。


うがいと共に行っておきたいのは手洗いで、医学的には手からの感染が最も多いとされているのです。ですから、一般の医療施設はもちろん、トイレや公共の施設にはアルコールスプレーが置かれています。

うがいをしているのに体調をすぐに崩してしまうという場合、うがいもそうですが、手洗いについても見直しをしてみることをお勧めします。手洗いによって手の汚れをきちんと落とすことができているか、そして、うがいによって消毒・殺菌ができているかどうかです。もちろん体調によっては仕方がないところもありますが、基本がきちんとできているかの見直しはしておいた方がいいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

室内温度は20~25度に保ち、湿度は50~60%にすること

人体をウイルスから守るために必要なことは、室内を快適な環境に保つことです。室内温度は20度から25度くらいに…

恐怖!旦那さんインフル感染、我が家のインフル攻防戦

現在妊娠中の私。 風邪やインフルエンザには人一倍気をつけ、旦那さんにも念を押していたのにもかかわらず… イ…

8時間以上の睡眠を推奨します

身体にとって睡眠はとても大切なものですから、出来る限り取っておくといいでしょう。 寝ることによって身体は少な…

働くお母さんが特に気をつけたい、感染症予防策

寒くなるこの時期は特にインフルエンザや冬に気をつけたいノロウイルスなどが流行る時期でもあり、これらの感染症に…

ヨーグルトはインフルエンザの予防♡大腸ガンの予防にも効果あり♡こども・妊婦・高齢者に…

ヨーグルトには、タンパク質 ビタミンA・カルシュム・マンガンなども含まれており、消化吸収されやういのです。

関連するキーワード

マイマム編集部

マイマム編集部では、皆様に子育てに関するお役に立てる情報を提供していきます。
また、インフルエンザなどのウィルスなどを少しでもなくせるよう情報発信をしてまいります。

記事監修:薬剤師白石厚子

Sponsor