『仕事だから』『付き合いだから』と言いつつも、「本当は楽しんでいるんでしょ?」と、どこか疑いたくなってしまうのが旦那様の夜遊びですよね。

確かに自分の知らないところで、旦那様がへらへら若い女の子に接している姿は想像しているだけで面白くはありませんよね。では、「どうしてキャバクラに行ってしまうのか」、旦那様の本音は...?

旦那様がキャバクラに対してどう考えているか?

男性だけではありませんが、働いている以上どうしても避けることが出来ないのが「人付き合い」というものです。
出世のためであったり、付き合いのためであったりと理由は様々ですが、時には自分の意にそわないことであったとしてもやらなければならないこともあります。キャバクラへ行くことも本当は気が進まないかもしれません。まずは旦那様がどのように考えているのか、ちゃんと意思を確認しておきましょう。一方的に奥様から「キャバクラ行くの?」と責められては少しかわいそうなのかもしれませんね。

しかしこれが個人的な趣味であったり、キャバクラ通いによって特定の女の人と深い関係に発展し始めている場合はもちろん要注意です。「浮気」の二文字がちらついている可能性がありますので一喝してあげましょう。

許せる?許せない?結局は...

旦那様があくまでも付き合いで仕方なく...と言うのであれば基本的に奥様としてはそれを信じるしかありませんね。不審な行動もとくに見られないのであればそれほど心配する必要はないでしょう。
本当にやましいこともなく仕事上の付き合いであれば逆に応援してあげるぐらいの心の広さが必要ですね(わかっていてもなかなか煮え切らないところはあるかもしれませんが...)。

しかし、「付き合いだから〜」と言いつつも足取り軽く、行きつけの店まで作って、お気に入りの女の子まで出来て、その子としょっちゅうメールのやりとり!そうなってくるとさすがに許せませんよね。そこは放置していると相手にその気がなくても旦那様に浮気心が出てくる場合もあるので、さりげなく釘を刺しておきましょう。

「付き合いだから」「ちょっとした息抜きだから」がどこまで自分の中で認めてあげられるか「許せるライン」を作っておいて、それを旦那様に前もって伝えておくといいのではないでしょうか。

男性の本音

ここでいくつかキャバクラに行く男性の本音を紹介します。
女性にはわかり難い意見かもしれませんが、参考にしてください。

A氏:仕事上の付き合いだけど、正直、行くのは楽しみ

「女性がいることで場の雰囲気もよくなるので、ちょっと難しいクライアントのときなんかに接待で行きます。まぁ、接待と言いつつも、可愛くて若い女の子にお酒をついでもらえたら、どんな男でも悪い気はしませんよ。『仕事の付き合い』と言って、後輩や同僚と行くことも最近は多くなってきていますが、これも仕事だから仕方ありませんよね?」

仕事、仕事と言いつつも、やっぱり楽しんでいるのが本音のよう。まあ、そんな旦那様を温かく見守るくらいでいるのが夫婦円満の秘訣かもしれません。

B氏:ちやほやされたい! モテたい!

「見た目に自信がなくても、キャバクラに行けば女の子からアピールしてもらえるから嬉しくて…。最近は行くたびに、何人かの女の子が『●●さん(私)の席に付きたい!』と言ってきてくれます。『お金を出しているから』だと心の中では分かっているのですが、普段、家や会社でモテることがないから、やっぱり嬉しいんですよね」

「うちの旦那には、女の子も寄り付かないに決まってる!」と思っている方は要注意ですよ! キャバクラでは、お客様の顔も体型も関係ありません! そんな旦那様を持つあなたは、家でも少しはチヤホヤしてあげたほうがよさそうです。

C氏:無条件で話を聞いて欲しいので

「お酒が入ってしまうと、つい昔話をしてしまうみたいで…。妻からは『その話、前にも聞いたけど』と、いつも一喝されてしまうんです。でも、キャバクラの女の子は、どんな話をしても笑顔で聞いてくれるから落ち着けるというか…。でも本当は、笑顔で聞いてくれるのが妻だったらもっと楽しめるのだろうな、とは思っているんですよ」

あなたは旦那様の話をちゃんと聞いてあげていますか? もし旦那様がそういうお店に通いつめているなら、もしかするとその原因はあなたにあるのかもしれません…。

いかがでしたか?

お金を出してでもキャバクラに行く男性の心理は、女性にはとうてい理解し難いかもしれませんが、紹介した意見を参考に考えてみると男性として認めてもらいたいという気持ちが多いようです。

家庭でその欲求が満たされるのであれば、仕事以外でキャバクラに行くこともなくなるかもしれません。­

奥様も忙しいとは思いますが、旦那様の話が面倒くさくても耳を傾け、結婚当初より外見が変わってしまったとしても、「私があなたの一番の味方なのよ」ということをアピールできれば、旦那様のキャバクラ通いが解消されるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連するまとめ

1月31日 愛妻の日の認知率 わずか8%愛妻家の約75%の人が、妻も自分のことを「愛…

クリエイティブサーベイさんが、1月31日「愛妻の日」に合わせ、愛妻家に関する自主調査を実施したのですが、面白…

旦那さんが子守でやってくれちゃう、実はありがた迷惑なコト。

旦那さんが無意識にやってくれちゃう、私からするとちょっと有難迷惑な子守法。 なんでそんなこと覚えさせちゃう…

産後うつにならないために…程よい脱力子育てのススメ

産後うつ、それは本の中の言葉ではありません。 子育てをしているお母さんなら、誰もが陥る可能性のある心の病気で…

IT企業の不倫事情

某IT企業に勤めているのですが、周りは不倫だらけです。不倫ではなくても、「兄弟」になった友人が何人もいます(…

セックスで女性はキレイになるの?セックスがもたらす女性への影響とは?

よく「女性はSEXをするとキレイになる」と言われますが、主婦ともなると育児・家事・仕事で疲れてそんな元気もな…

関連するキーワード

MIKI

高校2年生の息子を持つバツイチママです。これまで仕事と家事の両立にとても苦労してきました。

Sponsor